シャンプーするのが面倒である。 朝顔を洗うのが面倒である。
    私は髪の毛乾かすのが面倒である。 結婚とか出産ってなんだろう?
    理想ってなんだろう。 アラフォーにむかって。


2006年08月03日

鼻毛がでていませんか

会社にて、9時から上司と世間話をすること約40分。
その間、恐らく鼻毛が出ていたと思われる。
ソワソワソワソワと鼻の穴の下をこすれる鼻毛。

3ヶ月に1度、必ず同じ場所にできて唯一伸びてくる鼻毛。
もうそんな時期かぁ〜と浸っている場合ではない。
一刻も早くこいつを成敗しなければ・・・。

話を終え、同期に「毛抜き持ってる?」と聞いたが、もっていない。
私が持っているのは、カッターしかない。
カッターと手鏡をもってお手洗いへ行った。
左手に手鏡、右手にカッター、鼻毛は固定されない。
鼻の穴にカッターの鋭い角が刺さる。
これは、痛い。涙がでる。

カッター断念。

いったん、オフィスに戻り考えた。
ハサミ・・・、、、部で共有している文具のなかのハサミ。
今はそれしかない。
さりげなく、ハサミを持ってサーバー室へ行った。
運良くダレもいなかったぁ、、、ホ。

いきなりダレかが入ってこないとも限らない状況にドキドキしつつ
手鏡を見ながら鼻をおっぴろげ、チョキチョキ。

鼻毛の2/3を切り落としました。
あとは、家で抜くだけだ。

部の共有ハサミを元の場所に戻しました。
なんともヒドイことをしてしまったんだ。
あのハサミを、私の鼻毛が切られたとも知らずに使う人がいるんだ。
と思ったら、ニタニタと笑えてきてしまいました・・・。

うん、とにかく危機は免れた。


☆鼻毛エピソード☆
・夏目漱石は、鼻毛を抜いて原稿用紙に植え込む癖があった。この鼻毛の生えた書き損じの原稿は、漱石の弟子の一人である内田百間が保管していたが、第二次世界大戦中に紛失してしまったため現存しないという。

・日本人の姓の中には、「鼻毛」という苗字が存在する。
(↑これはイヤ!!)

高級鼻毛カッター
普通の鼻毛カッター
安い鼻毛カッター

今日の順位は何位でしょうか!プニュ( ´∀`)σ)Д`)
BeautySapliトップへ
posted by ruka at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック